比較的簡単にできる目元整形|理想の顔になれる施術をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

整形の種類

鏡を見る婦人

多数ある手術の方法

目元の整形には種類が多々あり、例えば一重を二重にしたい、目元を大きくしたい、涙袋を作りたい、たるみを取りたいなど要望によって整形の方法が全く違ってきます。二重整形なら埋没法と二重切開法があります。目を大きくするには目頭切開、目尻切開があります。目頭はネコ目に、目尻は切れ長に目元を見せる効果があります。涙袋はまぶたの下にヒアルロン酸を注入するだけで仕上がる手軽なものです。たるみ取りは脂肪を取り除く、または皮膚を吊り上げる方法でなくすことが出来ます。他にも目の下のクマを取り除く整形、くぼみを失くす整形など目元の整形は二重整形以外にもたくさんあるのです。どの方法が自分の理想の目元に近づくのかシミュレーションをしてみて、実際に医師のカウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングはとても大切で、例えば二重整形ならばどのくらいの二重の幅にするのか、きちんと希望を伝えるようにしましょう。数ミリ違っても印象は違ってくるので後悔のないようにしましょう。また、症例数が多い、信頼のできる医師がいるかの病院選びも大事です。

人気のある手術は

目元の手術の中で今も昔も一番人気があるのは二重整形です。もともと奥二重、二重の人でも理想の二重の幅を求めて整形する人も多くいます。埋没法は細い糸で縫い合わせる方法です。値段がリーズナブルで手軽に時間もかけずに出来ることから整形を希望する人が多いです。ですが半永久的というわけではなく、糸が切れてしまうこともあります。糸が切れなくてもたるみが生じてくることもあり二重の幅が狭くなることもありますが、中には糸の癖がついてそのまま二重になったという人もいます。そうしたことを期待して埋没法を選んでみるのもいいでしょう。一番持続性がありメンテナンスもいらない方法は切開法です。目元にメスを実際に入れるので傷跡はつきます。初期のころは赤く腫れ炎症を起こします。ミニ切開ならばまだ腫れは抑えられますが、全開切開は傷が大きいためどうしても短期間での傷、腫れの修復は不可能です。ですが一度手術をしてしまえばもとに戻ることはなく、永久的に二重を手に入れることが出来、そこが最大のメリットです。最初は大変ですが、超えてしまえば痛みも腫れもなくなります。腫れを抑える薬を処方してもらうことが可能ですので医師に相談しましょう。

Copyright © 2016 比較的簡単にできる目元整形|理想の顔になれる施術をチェック All Rights Reserved.